あきらめない。仕事で充実感を得るための3つのステップ

皆さんは今、仕事から充実感が得られていますか?

 

充実感を常に感じながら仕事ができたらどんなに素晴らしいでしょう。

 

私たちは生きていくために、人生の大半の時間を仕事に費やしています。

 

私生活がいくら充実していたとしても、仕事をしている時間が充実していなければ、あなたの人生全体をみると、残念ながら充実したものとは言えないかもしれませんね。

 

  • 忙しすぎて充実感を感じるヒマがない
  • 会社は業績第一主義で心がすり切れるばかり、充実感なんてない
  • やってもやってもなかなか結果が出ず、充実感があるわけない

 

など、いろいろな理由があるかもしれません。

 

「仕事」はどんな仕事でも、やる意味があります。

 

それは、「仕事」は誰かの願いを叶えるためにできる限りの価値提供をすることによって、必ず成り立っているからです。

 

お医者さんは、患者さんの「この痛みや苦しみを取り除いてもらって、もとの状態に戻りたい」という願いを叶えるために、意識しているかどうかは別として、最善を尽くしています。

 

駅の清掃をしている人は、駅を通過する人たちの「いつも気持ちよく駅を利用したい」という願いを叶えるために働いています。

 

コールセンターで働いている人は、その会社のサービスや商品を利用している人の「商品の不具合やサービスがうまく利用できないことを早く解消したい」という願いを叶えるために、日々対応しています。

 

でも、「疲れる、何のためにやっているのだろう?」という状態の人も多いですよね。

 

とても意義がある仕事をしているのに、なぜ充実感を感じられないのでしょうか。

 

それは、あなたの「願い」と仕事が結びついていないからです。

 

充実感は自分が願っている方向に、しっかりと行動できているときに感じます。それもずっとではなく、瞬間々に。

 

結果が良いかどうかではなく、どのように自分が行動できているかという過程にかかっています。

 

あなたの「願い」と仕事を結び付けて、充実感を得る3つのステップをお伝えします。

 

1.第1のステップ:まず「願い」を明確にする

 

あなたの「願い」と仕事を結び付けるためには、当たりまえですが、あなたの「願い」を明らかにする必要があります。

 

あなたの「願い」とは、「自分が本当にやりたいこと、なりたい自分」です。

 

皆さんはこの「自分が本当にやりたいこと、なりたい自分」がある程度明確になっているでしょうか。

 

  • 「多くの人を笑顔にしたい」
  • 「輝く人生を送りたい」
  • 「人を大切にすることをとおして、一生成長し続けたい」
  • 「堂々と生きる」
  • 「人から信頼され、頼りにされる人間になりたい」

 

残念ながら、自分が本当に何をやりたいのか、どんな自分になりたいのかわかっている人はとても少ないのが現状です。

 

日ごろ目の前のことに対応することが多くて、しっかり考えたことなく、霧の向こうにあるような状態です。

 

ただ、この「願い」をはっきりと意識している人は確実にいて、この「願い」を明確に意識しているかいないかで、人生で得られるもののスピード、量、質が大きく変わってきます。

 

当然ですよね、この正解のない、常に変化している世界で、「軸」を持っているのですから。

 

ですから、皆さんもすこしぼんやりしていてもいいので、あなたの「願い」=自分が追求していきたい人生のテーマをぜひ持って欲しいのです。

 

ではどうしたら、自分の「願い」を見つけることができるのでしょうか。

 

それはやはり、自分と向き合い、深く考えるしかありません。

 

自分はどんなことに本当の意味で喜びを感じるのか、どんな状態が生まれたらうれしくなるのか、どんな自分になれたときに自分を褒められるのかなどを問いかけていくしかありません。

 

もし自分ではうまく「願い」を見つけられない場合は、「願い」を持っていそうな真剣な人を探して話をしてみてください。

 

あなたの「願い」を引き出す、きっかけになってくれるかもしれません。

 

2.第2のステップ:「願い」と仕事を結び付ける

 

あなたの「願い」がある程度引き出せたら、次にやることはあなたの「願い」とあなたの今の仕事を結び付けることです。

 

ではどうやって自分の「願い」と仕事を結び付けるかというと、その「願い」から発想して、今の仕事の目標を決めるということです。

 

なーんだと思うかもしれませんが、自分の「願い」と仕事は別物、自分の「願い」を仕事に持ち込んではいけないものと思い込んでいる人もけっこう多いと思います。

 

そんなことありません。自分の「願い」と仕事が結びつかないと、仕事はいつまでたっても他人事で、「本気」にはなれません。

 

「本気」になれないものに、充実感を感じることはないでしょう。

 

もし自分の「願い」と仕事の目標とがうまく結び付けられない場合は、「願い」と仕事の目標を達成するためのやり方(アクションプラン)とを結びつけるということです。

 

たとえば、あるメーカーの営業の方が、自分の「願い」はやっぱり「お客様に自社の製品を使った最適なソリューションを提案し、経営改善を実現して、たくさん感謝されたい」ということに気づいたとき、会社の方針ともすり合わせながら、お客様が一番喜んでくれる可能性の高い製品の販売目標を設定するということです。

 

あるいは、目標自体を自分で決められない場合は、お客様に一番喜んでもらえる提案をするには、お客様の現場を事前に徹底的に調査することを必ずやるというように目標を達成するためのアクションプランに「願い」を反映するということです。

 

そうすると、自分の「願い」と仕事が結びつくことになります。

 

今までめんどうくさいと思っていた事前調査が、自分の「願い」から発想すると非常に大事なんだということがわかり、日々の仕事にもとてもやる意味が出てきます。

 

面倒だけど、きちっと事前調査をやって提案した内容でお客様が非常に喜んでくれた時、達成感や充実感はとても大きなものとなりますし、またこの気持ちを味わうために調査をしっかりやるという良い循環が生まれます。

 

わがままということではなく、自分の「願い」から発想して、仕事の目標やアクションプランを決めることは、仕事を充実感のあるものにするためにはとても重要なことなのです。

 

3.第3のステップ:日々の仕事を自分で決めて、成功体験を自分にプレゼントする

 

あなたの「願い」とあなたの仕事の目標あるいはアクションプランとを結び付けられたら、日々あなたが行う仕事の内容を自分で決めて、それを毎日100%完了しようとしてください。

 

自分で決めるということがとても大切です。

 

上司から指示された仕事であっても、いったん引き受けた限りは、自分がやるとあらためて決めてください。

 

上司から指示された仕事でも、そのやり方についてはあなたに任されているはずです。

 

そして、日々行う仕事の内容ややり方を決めるときには、あなたの「願い」、目標、アクションプランをよく意識してから決めてください。

 

そのようにして決めたことを、必ずその日にやりきることを目指してください。

 

今日やろうと思ったことが10項目あって、もちろんそれを全部完了することが目標ですが、割り込み仕事もあって、8~9項目しか完了しなかったとしてもそれはOKです。

 

以前は流れに任せてやろうとは思っていた仕事が毎日5割ぐらいしかできなかったことから比べると8~9割できているということになると、日々の達成感や充実感は明らかに違ってきます。

 

日々やることは、本当に小さなすぐできてしまうようなことでもリストアップすると良いでしょう。

 

完了した仕事に完了のチェックを入れていったりするとさらに完了感が高まり、充実感へとつながります。

 

そして、自分の「願い」を意識しながら仕事をしていると、いろいろなひらめきやアイデアが生まれやすくなってきます。

 

真剣なテーマを持つと、脳はそれに関連する過去の経験や情報、新しい情報などを集めてそれを結び付けようとします。

 

新しいものを生み出すイノベーションは、すでにあるものとすでにあるものの新しい組合せによって起きます。

 

ですから、自分の「願い」を実現しようと意識していると、脳が勝手に関連するものを組み合わせてアイデアを生み出します。

 

そのアイデアを活かして、小さくても新しい試みを実行し、そのオリジナルな自分の考えが実現したり、うまくいった時にはとても充実感を感じます。

 

そうした小さくても成功体験というプレゼントを自分に送り続けていると、いずれ大きなプレゼントを自分自身から送られることになります。

 

まとめ

 

仕事で充実感を得ることをあきらめないでください。

 

仕事で充実感を得ることは、人生の幸福度ともとても密接に関係しています。

 

充実感を得るポイントは、

  1. 自分の「願い」をまず明確にすること
  2. 自分の「願い」と今の仕事を結び付けること
  3. 日々の仕事の内容を自分で決め、完了し、生まれたアイデアを活かすこと

ということになります。

 

自分が本当にやりたいことやなりたい自分の実現につながるようなことを、今の仕事に反映していくことです。

 

そのためには、上司にも自分の想いを知ってもらってもいいかもしれません。

 

上司もあなたの想いを聞いてしまえば、何となく仕事をアサインする時に無意識のうちに考慮してくれるかもしれません。

 

自分の「願い」を語ることはちょっと勇気がいるかもしれませんが、あなたがあなたらしく、充実した仕事をするためにはとても大事なことです。

 

失敗したっていいじゃないですか。

 

あなたの「願い」を実現しようと思ってやったことであれば。

 

“最良の転職のための本当に大切な準備”
無料セミナーのご案内

転職を成功させた人の共通点をご存知ですか?
ポイントは”転職にあたって何をするか”。
事前にどれだけ準備ができるかで、あなたの今後が大きく左右されるのです。
「売り手市場」という言葉を鵜呑みにしてはいけません。
この無料セミナーでは、転職市場の動向に隠された真実から企業が望む人物像、転職後に活躍するためのコツなど、あなたに不足している「転職情報」を補うことができます。

事務局:TEL.03-6403-5641
受付時間:9:00〜18:00 年中無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です