転職したいけど・・・転職先の人間関係が・・・という不安を解消する方法

転職したいけど・・・転職先の人間関係が・・・という不安を解消する方法

「転職したい」と思っても、多くの人が同時に不安を持つものです。

転職経験が2回、3回とある人でも、やはり不安はなくなりません。

 

今までの会社と業界は同じだったとしても、まったく別の世界へ足を踏み入れるのですから、不安になるのは当然です。

まして、異業種なら不安が大きくなるのは仕方ありません。

 

しかし、まだ見ぬ世界に不安を抱いただけで、転職をあきらめるのは少し早すぎませんか?

 

どんなことも同じですが、今の自分、今の生活を変えるためには、新しいことや新しい場所へ行くことは必要でしょう。

 

まして、自分のキャリアを向上させるのなら、新しい経験ができるところへ進むことは不可欠です。

 

そんなときに「不安だから」という理由だけで、あなたのこれからのキャリアを諦めることは大変もったいないと思うのです。

 

不安はどんなことにも付きまといます。

しかし、その不安への対処方法や解消する方法を知っていると、不安のレベルは一気に下降します。

 

転職を考えているけれど「不安」が大きくて一歩を踏み出せない。

そんなあなたに、転職の不安を解消する方法をお話していきます。

 

1: 転職で多い2つの不安

転職で多い2つの不安

転職を考えたとき、多くの人が不安に思うのが

  • 転職活動での不安
  • 転職先での人間関係の不安

この2つでしょう。

 

転職活動では、面接に対する不安や、落ちるかもという不安があることでしょう。

自分の価値に対しても不安があるかもしれません。

 

また、転職が決まってからは、人間関係に不安を持つことでしょう。

  • 上手に付き合っていけるだろうか
  • イヤな人はいないだろうか
  • 雇用条件は面接の時と同じだろうか

 

不安になりだすと、きりがないほど様々な不安が頭の中を巡ってきますよね。

 

でも、「不安」は視点を変えると「期待」に変えることができます。

 

  • 今よりも評価してもらえる会社があるかも
  • 良い人と巡り会えるかも
  • 雇用条件は今よりも良いかも

 

こんな風に変換することが可能です。

 

少しは気持ちが楽になったでしょうか?

 

これだけでは、まだ不安だと言うあなたのために、次から不安の解消法をご紹介していきます。

 

2: 転職活動での解消法

転職活動での解消法

転職活動をすることに不安を持っている人が多いようです。

でも、転職活動は受験とは違います。

一度ダメだったからといって、来年まで出来ないものではありません。

 

転職活動は、どちらかというと「筋トレ」に近いのではないかと思います。

一度や二度、ジムへ通っても何も変わりません。

でも、何度も通っていると体型も姿勢も変わってきます。

 

転職活動とは、こんな感じだと捉えてほしいです。

 

その上で、転職活動に多い不安の解消法を紹介します。

 

(1)自分の市場価値を知る

転職で不安になることの一つに「自分は他の会社でもやっていけるのか」ということがあります。

 

これは転職活動中でも構いませんから、自分のイメージと現実とのギャップを知っておくことが必要です。

 

もし転職したいところが必要としているスキルが足りないのなら、そこを勉強して伸ばせばOKです。

もしかすると、今まで自分だけが気づいていない市場価値をすでに持っているかもしれません。

 

どちらにしても、自分のイメージと現実とを比較することが近道です。

自分自身を見つめることは辛いと言って逃げる人もいますが、それでは長所も足りないところもわかりません。

 

そして足りないところがわからないと、いつまでも不安を持ち続けることにもなります。

 

まずは自分のイメージと現実を分析しましょう。

これだけで、不安は少なくなります。

 

(2)転職活動成長記録

転職活動で面接に行った。

そして質問を受けたこと、答えたこと。

 

こういうことを記録しておきましょう。

一度目よりも二度目の記録を見ると、落ち着いた受け答えになっていることがわかると思います。

 

記録が増えるとで、余裕を持って転職活動が行えます。

 

(3)面接官はグレーゾーンの存在

面接官は、あなたの味方ではありません。

相手はあなたを採用するかどうかを見極めているのです。

ですから、あなたを擁護してくれることはありません。

 

しかし、敵でもありません。

あなたが会社にふさわしい人物かを見極めているだけなのですから。

 

面接官の質問に、勝たないといけないことはありません。

あくまでも面接官は、採用をするために判断しているだけです。

 

味方と思うことは簡単ではありませんが、敵と考えることは必要ありません。

 

どちらかと言うと、味方よりの存在だと覚えておきましょう。

 

(4)今よりも人間関係悪くなるかも

これは不安ですよね。

でも、現実は入社してみないと全てはわかりません。

 

面接のときの相手の対応が「あまりにも」な場合は、その会社の雇用状態が見えてきますから「次に進みましょう」ということもあるでしょう。

 

しかし、至って普通だったら、あなたが初めて出社してからの印象が、後の人間関係を左右することが多いものです。

これなら自分で工夫できますから、人間関係を良くも悪くもコントロールできますよね。

自分である程度コントロールできるのなら、不安は小さくなります。

 

(5)落とされるかも

先ほども言いましたが、転職活動は受験ではありません。

 

「落ちた」「受かった」というものではなく、会社に「合う」か「合わないか」と考えるのが正解です。

 

希望を持って面接に出向いたけれどダメだった。

それは「落ちた」のではなく「自分に合わない会社が分かって良かった」ということ。

 

より、あなたの実力が発揮できる会社を選びやすくなったということです。

 

(6)努力しても・・・

転職活動を始めても、一度で成果が出るとは限りません。

二度、三度と活動すると「ダメなんじゃ」と不安になり諦めモードに突入することもあるでしょう。

 

でも、転職活動とはそういうものなのです。

面接に出向くたび、あなたは確実に成長しています。

あなたに足りないことが、満たされていく過程なのです。

 

諦めることは簡単です。

だから多くの人は簡単な方を選んで、今も変わらない人生を送っているのでしょう。

 

努力は必ず報われるものです。

多くの人がやらないこと。

諦めずに、コツコツと努力することが、あなたにぴったり合った成果に結びつく近道です。

 

3: 転職先の人間関係解消法

転職先の人間関係解消法

それでは、転職先での人間関係を上手に築き、不安を解消する方法を紹介します。

 

(1)「前職ではこうでした」は最悪です

会社によってルールがあります。

社風もあります。

先輩たちが築いてきた方法があります。

 

そして、あなたの前職の方法が「正しい」とは限りません。

 

この一言から、相手が受ける印象はこうです。

  • 実は前の会社に未練あるんじゃないの?
  • うちの会社、下に見てるだろ?
  • うちのやり方、バカにしてる?

 

こんな印象を与えてしまうこともあります。

 

謙虚に教えてもらいましょう。

 

(2)笑顔が一番

人と人とのコミュニケーションで最高の方法は「笑顔」です。

いつも笑顔でいるようにしましょう。

 

笑顔がいいだけで、まわりからの見られる印象は全く違います。

そして、人間関係も円滑になります。

 

(3)時間を守る

社会人として当たり前のことですが、この当たり前が出来ていない人も多いです。

 

前職では、少しくらいの遅刻は許されていたかもしれません。

会議に集まる時間も、2分、3分なら遅れても大丈夫だったかもしれません。

 

でも、転職先では通用しません。

 

時間を守ることは常識です。

必ず守ることを忘れないでください。

 

(4)言葉遣いは丁寧に

あなたは新入社員です。

誰に対しても丁寧な言葉を使いましょう。

 

まずは敬語で話すのが無難です。

 

(5)年齢とキャリアは無関係

もう一度いいます。

あなたは新入社員です。

 

あなたの年齢よりも下の人もいます。

キャリアが浅い人もいます。

経験が少ない人もいることでしょう。

 

上司があなたよりも年下かもしれません。

でも、あなたは新入社員です。

 

間違っても年が下だからと、タメ口は厳禁です。

前職で部下や後輩がいた人は注意してください。

 

口癖でつい言ってしまうことがあります。

 

(6)社風に敏感になれ

同じ業界でも社風は違います。

 

あなたが配属された部署は、どんな社風なのか。

会社全体はどんな社風なのか。

 

比較的話し声が小さい会社もあれば、ワイワイやっている会社もあります。

メールで連絡が済む会社もあれば、直接内線でないとダメな会社もあります。

 

あなたが新しいところで馴染むには、社風を敏感に感じ取ることが大切です。

 

(7)人はどこに集まるか

先輩たちが休憩に集まるところはどこでしょうか。

その場所を特定しましょう。

 

そして、自分からその場所へ足を運んでください。

業務ではわからない情報を知ることができるでしょう。

また、休憩場所での会話は、先輩たちとの距離を短時間で近いものにしてくれます。

 

損することはありません。

どちらかと言って「得」することが多いです。

休憩に集まっている場所を探しましょう。

 

唯一の注意点は、先輩たちが話す同僚や上司の悪口に同調しないことですね。

 

(8)勤務時間外のおつきあい

面倒だなと思う人も多いでしょう。

でも、新入社員がもっとも早く会社に馴染みながら、先輩たちの性格を知り、上手に人間関係をコントロールするには、勤務時間外の付き合いが効果的です。

  • 職場とは、どんな風に違うのか。
  • プライベートで好きなことは何か。
  • どんな家族構成の人なのか。

 

犬猿の仲は誰と誰なのか。

そんなこともわかりますから、ぜひ参加してください。

 

(9)自分から話す

話しかけにくいですが、仕事の話の合間に少しだけ雑談を入れてみてください。

そのとき、相手が興味を持っていることが話しかけられたら最高ですよね。

 

また、自分のことも話しましょう。

どんな趣味なのか。

休日はどう過ごしているのか。

 

意外な共通点が見つかるかもしれません。

 

(10)誤魔化さない

話すときは誤魔化さずに、はっきりと話しましょう。

 

仕事の報告ではなおさらですが、誤魔化した報告は悪い印象しか与えません。

ミスがあったとき、期日が守れそうにないときでも、誤魔化さずに伝えることが必要です。

 

4: まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職を考えたら、誰でも不安が出てきます。

それは当然のことで、私たちの脳は新しいことが苦手なのです。

 

人が生きていくためには、安全がわかっていることを繰り返すのが最善なのです。

このことを脳は知っているので、新しいこと(冒険ですね)は苦手なのです。

だから不安が出てきて、用心させてくれているのです。

 

この脳の仕組みがわかっていると、転職を考えたときに不安が出てくることは理解できるでしょう。

 

それは、あなたが新しいことを始めようとしている証拠です。

 

今回紹介した不安を解消する方法を覚えておくことで、あなたの転職への不安も少なくなることだと思います。

 

もし、どうしても転職への不安が解消できない。

でも、転職したい。

こんな風に悩んでおられるのなら、キャリアコンサルタントやキャリアドバイザーに相談してみてください。

 

ひとりで悩むよりも、簡単に不安を解消してくれます。

そして、あなたと一緒に転職先を探してくれますから、ひとりで新天地へ向かうよりも、転職のプロの航海士と共に新天地へ向かう方が、何よりも心強いのではないでしょうか。

転職したいけど・・・転職先の人間関係が・・・という不安を解消する方法

“最良の転職のための本当に大切な準備”
無料セミナーのご案内

転職を成功させた人の共通点をご存知ですか?
ポイントは”転職にあたって何をするか”。
事前にどれだけ準備ができるかで、あなたの今後が大きく左右されるのです。
「売り手市場」という言葉を鵜呑みにしてはいけません。
この無料セミナーでは、転職市場の動向に隠された真実から企業が望む人物像、転職後に活躍するためのコツなど、あなたに不足している「転職情報」を補うことができます。

事務局:TEL.03-6403-5641
受付時間:9:00〜18:00 年中無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です