転職で避けられない自己分析。自分史から始めると意外に簡単!

転職で避けられない自己分析。自分史から始めると意外に簡単!

転職しよう!

心に決めて転職先をチェックし、気になるところを見つけ、さぁ応募しょう。。。

 

と思ったとき、準備していないと慌てるのが自己分析です。

 

自己分析の結果は、応募するときに必要な

  • 履歴書
  • 職務経歴書

 

この2つに影響します。

 

また、書類選考が終わった後に控えている面接にも影響します。

というように、自己分析の結果は転職が成功し終わるまで、すべてのシーンに影響を与えます。

 

だから自己分析をやりましょう。

 

そんなことを言うわけですが、実際に自己分析をやろうと思うと、、、

  • 手が止まってしまう
  • 思いつかない
  • 最近のことしかわからない

という人も多いようです。

 

そこで、今回は自己分析を行う前準備として有効な、「自分史」についてお話していきたいと思います。

1: 自分史の目的

自分史の目的

自分史の目的は、自己分析のためです。

それも普通の自己分析ではなく、完成度の高い自己分析を行うためです。

 

完成度の高い自己分析には、客観的な視点が入っています。

自分が出来ることや得意なことだけではなく、転職先に貢献できることや、転職先と自分の価値観が合っているかを判断した結果を分析することになります。

 

だから、自分史には

  • 自分が出来ること
  • 自分がやりたいこと
  • 自分の適性
  • 自分の指向
  • 自分の環境
  • 自分の考え方
  • 自分が影響を受けたことや人

 

こういった情報を年表というルールの上で、埋もれた情報を掘り起こし、明確にすることと言えるでしょう。

 

そして、面接で

  • どうして興味を持ったのか
  • どうしてこの仕事をやりたいのか
  • どうしてこの会社を選んだのか

 

というような質問をされたとき、自分史を作っていると、あなたの過去のストーリーを使いながら、整理した状態で話すことができます。

 

これは、一度自分史という年表と向き合い、自分の手で書き出しを行ったことで、記憶の漏れがなくなり、話す内容に一貫性がでる効果があります。

 

一貫性のある話が出来るということは「盛ってない」ということです。

これは面接で評価される部分ですね。

 

2: 自分史でしか得られないこと

自分史でしか得られないこと

自分史を作る目的、おわかりいただけたでしょうか。

 

ここでは自分史でしか得られないことを、お話したいと思います。

自分史は、作ってみるとわかりますが「面倒」です。

 

できれば、サッサと履歴書や職務経歴書を作って送りたいことでしょう。

でも、ちょっと待ってください。

 

今、あなたが転職先でやりたいと思っていることは、実は学生時代や子供時代に「得意」「好き」と感じていたことの可能性が高いのです。

 

確かに今は未経験かもしれませんが、もともとそういった気質を持っていたかもしれません。

自分が転職先でやりたいと思っていることは、中学生のときに成功したことが「きっかけ」かもしれません。

 

しかし、残念ながら、今はまだ埋もれたままなのです。

 

もし、埋もれたままの「きっかけ」を掘り起こすことができれば、、、。

あなたが転職先で実現したいことが、幼い頃からの夢や希望だったとしたら、、、。

 

ここが見つかると、情熱のあるアピールができると思いませんか?

 

「なんとなく、やってみたい」よりも「幼いころから、やってみたかった」の方が、本気度も情熱も高いことが誰にでも理解できます。

 

この大きな差を生み出すネタは「自分史」でしか得られないことです。

 

自分史を作ることで、自分が人生で何を得たいのか。

自分の本音や、自分の価値が見えてくると思います。

 

3: 自分史の書き方

自分史の書き方

自分史を書くときは、あまり深く考えずに、単純作業として書き込んでいきましょう。

 

あまり難しく考えると「成功したこと」ばかり選んでしまうこともありますから。

  • 成功したこと
  • 失敗したこと
  • 恋愛
  • ケンカ
  • 旅行
  • バイト

 

なんでも書き込んで行きましょう。

現在から順に遡っていくと、思い出しやすいです。

 

詳細に、漏れなく、他の人が気にしないようなことも書いておくと、後でつながることもあります。

 

また、事象に対して「感情」も書き込んでおくことをおすすめします。

そのときの自分と向き合うことにもなりますから、明らかに深い自己分析につながります。

 

(1)今の職場

いつから職場に入ったか。

どんな新人教育だったか。そのときの自分はどうだったか。

上司や先輩はどんな人だったか。どんなサポートを受けたか。

同僚はどんな人で、自分はどんな存在だったか。

 

褒められたこと、指導してもらったこと、失敗したこと。

遅くまで残業して辛かったことなどを拾い上げましょう。

 

(2)大学時代

入学から卒業までのことを細かく拾い上げましょう。

バイトに行っていたのなら、そのことを。

就活のエピソードや、サークルや趣味のこと。

 

(3)中学、高校時代

得意な教科、苦手な教科。

勉強の仕方や、成績の良かった教科、そうでもなかった教科。

部活や趣味。

受験のエピソードも忘れずに。

 

交友関係や恋愛。

文化祭や体育祭などの行事のこと。

自分はどんな役割で、どんなポジションだったのか。

 

もっとも活動的で感情的な時期ですから、拾うことがいっぱいあると思います。

 

(4)幼少期から小学校

生い立ち。

小さいとき、今でも覚えているエピソード。

好きだったこと、嫌いだったこと。

 

小学校で得意だったことなど。

 

意外にも、小学校のエピソードを拾い上げると、今の仕事や考え方につながっていることも多いです。

 

4: 自分史を自己分析に生かす

自分史を自己分析に生かす

自分史を作ったら、すぐ自己分析したいところですが、まずは1日寝かしましょう。

1日空けることで、脳がリフレッシュされ、新しい視点が持てるようになります。

 

そして、1日空けたら、自分史をもう一度見直します。

見直すときに、少しだけ今よりも深く掘り下げるように、ひとつひとつに質問をし、その答えを書き込んでいきましょう。

 

質問には

  • なぜそれを始めたのか
  • なにをがんばったのか
  • がんばった成果はあったのか、それともなかったのか
  • がんばった結果、自分で成長したと感じたか
  • がんばっていたときに苦労したことは
  • 苦労した結果、挫折したか
  • 挫折したのなら、反省したことは何だったか
  • 自分のポジションはどんな位置づけだったか
  • 一貫して何を考えてやっていたか

 

こういった質問をすることで、ただの事象が深く掘り下げられます。

 

掘り下げられたことで、想いや感情がはっきりとしてくるでしょう。

このはっきりとしたことこそ、完成度の高い自己分析を行うときに使える「ネタ」になります。

 

自分史は面倒です。

でも、一度深く掘り下げることで、あなたの自己分析は他の人よりも、厚みのある濃い内容に様変わりします。

 

口先だけの「盛った」ものとは違う、一貫性があり信頼できる内容になることでしょう。

 

自分史を作って損することはありません。

あなたの転職を成功させる足がかりとして、自分史を作ってください。

 

5: まとめ

最初から自己分析をやろうと思っても、分析するネタがないとできません。

 

あ~でもない、こ~でもない。

そんな風に時間ばかり使って、ノートを広げたまま、真っ白のページを見つめながら頭を抱えても、残念ですが分析するネタは出てきません。

 

分析するには、思考を使わず、単に量的な情報を集めることが大切です。

そのためには、今回紹介した自分史、これまでの自分の年表を作ることが最適なんですね。

 

年表は時系列的なルールの上で、現在から過去へ記憶を遡っていくことが簡単にできます。

そして「年」という絶対的なことに対して、自分のやってきたことを思い出して書くだけという単純作業が行えます。

 

これによって、

  • 脳が疲れにくい
  • 目で見て理解できる
  • 具体的な分析のネタ元が手に入る

こんな良いことが起こります。

 

多くの「自己分析ができない」とお悩みの方は、何歳のときに何をやっていたのか、これが曖昧なようです。

 

ぜひ自分史を作り、自己分析を楽にするためのネタを集めてください。

分析はネタがあって、はじめて出来ることです。

 

「自分史なんて面倒」とは思わずに、理想の転職先へ移るために「ひと手間」かけてみてください。

転職で避けられない自己分析。自分史から始めると意外に簡単!

“最良の転職のための本当に大切な準備”
無料セミナーのご案内

転職を成功させた人の共通点をご存知ですか?
ポイントは”転職にあたって何をするか”。
事前にどれだけ準備ができるかで、あなたの今後が大きく左右されるのです。
「売り手市場」という言葉を鵜呑みにしてはいけません。
この無料セミナーでは、転職市場の動向に隠された真実から企業が望む人物像、転職後に活躍するためのコツなど、あなたに不足している「転職情報」を補うことができます。

事務局:TEL.03-6805-0282
受付時間:9:00〜18:00 年中無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です