人生の生きがいを見つける方法。目標を持つことで理想の人生を描くコツ

人生の生きがいを見つける方法。目標を持つことで理想の人生を描くコツ

吊革を持って立つ通勤電車の中や、混みあったランチのお店。

家と職場だけの往復の道。

 

  • 毎日何のために通勤しているのかわからない
  • 仕事をしている理由がわからない
  • ただ毎日同じことを繰り返しているだけで・・・

 

こんなことが、ふと頭をよぎること、あなたもあると思います。

 

実は、こんな悩みを持っているのは、あなただけではありません。

暮らしは豊かになったはずなのに、こういう悩みを持ったまま、仕事を続けている人が増えていっていると言われています。

 

そこで今回は、生きがいのある人生が見つからないと悩んでおられるあなたに、生きがいの見つけ方をお話したいと思います。

 

1: 生きがいが必要な理由

生きがいが必要な理由

人が働くのは「生活するため」という人もいます。

そしてもっと「収入を増やしたい」からという人もいるでしょう。

 

でも、人はお金だけが目的では、人生を楽しむことができない生き物です。

 

人には「人生に張り」が必要です。

お金にならないようなことでも、自分が一心に打ち込めるようなことがあるだけで、毎日の暮らしに張りが出て楽しくなります。

 

そうはいっても、そこまで打ち込める「生きがい」はないというのが本音ですよね。

 

でも、生きがいは誰もが持っているものです。

ただ、今はまだ見つかっていないだけなのです。

 

生きがいが見つかると、毎日の仕事の速度や思考が変化します。

生きがいが帰宅してからの趣味であっても、仕事をする姿勢が変化します。

 

まして生きがいが仕事に関係のあることなら、仕事のパフォーマンスは劇的にアップすることでしょう。

それはただの仕事ではなく、ライフワークに入るかもしれません。

 

イメージしてみてください。

あなたの得意なことが仕事になり、それが生きがいだったとしたら。

仕事と趣味の垣根がなくなり、仕事か遊びかもわからなくなります。

勉強することも好きなことですから、次々と新しいことを吸収していくことでしょう。

たった1年、2年で5年、10年分くらいの経験と知識を身体に取り込み、まわりの同僚からは完全に抜け出ていることが、容易に想像できますよね。

 

こんな生活をしているとしたら、あなたはどれくらいのストレスを毎日感じるでしょうか?

通勤電車で「あ~、ダルいなぁ~」と思い浮かべるでしょうか?

 

そんなことは、これっぽっちも出てこないでしょう。

毎日やることが楽しみで、明日は何をしようかと考えるのがうれしくてたまらない。

そんな感じだとおもいませんか?

 

そうなんです。

これくらい「生きがい」というものは、あなたの人生に変化をもたらすものなのです。

毎日の暮らしで感じる気分が違うと、

 

  • どんなところへ行っても
  • どんな人と会っても
  • どんな場面に出会っても

 

ほとんどのことが、前向きに捉えられます。

その結果、あなたの人生は良い方向にしか流れなくなり、簡単に行動できるようになり、次々とチャンスを掴んでいくことでしょう。

 

あなたはこんな人生を送り、理想の暮らしを実現したいと思いませんか?

 

それでは、次に「生きがいが見つからない」その理由をお話していきます。

 

2: 生きがいが見つからないわけ

生きがいが見つからないわけ

どうして生きがいが見つからない人が多いのでしょうか。

それには理由があります。

 

(1)趣味がない

バブル経済が崩壊してから、景気が下がったことで無趣味の人が増えました。

その理由として多いのが「収入が低いから趣味なんて」という理由です。

お金が掛かるものを趣味として選ぶ傾向が多いのでしょうか。

それとも、本当に自分の好きなことではなく、SNSなどで映えるものを選ぶ傾向が高いからでしょうか。

 

無趣味の理由、2つ目は「情報過多」です。

ネットの普及、YouTubeなどの動画サイト。

スマホ1台で簡単に欲しい情報が手に入ります。

それも数秒で。

あまりにも簡単に大量の情報が手に入るため、選択肢が増えすぎて、一つの趣味に絞ることが難しくなったのかもしれません。

 

無趣味の理由、3つ目は「付き合いが忙しい」。

昔ならこの「付き合い」は、リアルな付き合いでした。

飲み会とか会社の付き合いという具合ですね。

 

でも、今はそれだけではありませんよね?

友人のSNSへの投稿を見て「いいね」も押さないといけません。

仮想空間での「付き合い」が増えていますから、どうしても時間に追われて忙しくなりがちです。

 

会社の帰り、電車の中でSNSを見てチェックしているだけで、気がつくと30分、40分を使っていたという人も多いはず。

 

趣味に使える時間なのですが、こういう「付き合い」が多いので忙しく、趣味にまで気がまわらなくなっているのでしょう。

 

(2)流行に振り回されている

情報過多につながることですが、どうしても流行に振り回され、自分が本当に好きなことについて、考える時間を持つことが減っています。

 

  • ファッションや音楽。
  • SNSでの話題。

 

別に自分は興味ないのに、SNSで友達が流行の場所へ行くと書き込んでいるから、自分もとりあえず行っておく。

 

友人・知人は大切ですし、影響をもらうことは良いことです。

でも、自分がそんなに乗り気ではないと思うことに時間を使っていると、気がつくと「誰かの借り物」の人生に思える瞬間がやってきます。

 

(3)本心を見失っている

あなたが本心からやりたいことは何ですか?

 

生きがいがないと感じるのは、あなたの本心を見失っているからです。

では、なぜあなたは本心を見失ったのでしょうか?

 

その理由は「他人の目を気にしすぎたから」です。

「自分が本当はどうしたいのか」よりも、「どう思われるか」に意識が行ってしまったから。

 

これが「生きがいが見つからないわけ」の中で、もっとも多いパターンだと思います。

 

3: 生きがいが見つからない人とは

生きがいが見つからない人とは

それでは、生きがいが見つからない人とは、どんな人でしょうか。

あなたも普段の自分を振り返りながら、そして、あなたが普段付き合っている人のことも思い出しながら、読み進めてみてください。

 

(1)ため息が多い

気がつくと「はぁ~」とは「ふぅ~」とか、下を向きながらため息ばかりついている人は要注意です。

 

ため息は「癖」になっていることも多いので、自分では気がつきにくいもの。

ため息をつきながら、下を向いて悩んでいる感情を出していると、前向きな気分にはなりにくいので、生きがいが見つかりにくくなります。

 

(2)不満が多い

口を開くと不満の連続。

これでは楽しいことは、近づいてきません。

 

不満をまわりで聞いている人も、この人に楽しい話をもってくることはないでしょう。

 

どんどんと、楽しいチャンスや良いチャンスが遠ざかっていくパターンです。

 

(3)投げやり

「すきにして」とか「どうでもいい」。

この言葉を言っている人は、生きがいから遠ざかっています。

自分で「生きがいを見つけること」を放棄していますから。

 

無責任な印象を与えますし、後ろ向きなイメージしかありませんから、友達にもなりたくないですし、間違っても一緒に仕事をしたいとは思いません。

 

(4)会話がない

どんな場面でも会話のない人がいます。

相手の話を上手に聞く「聞き上手」というのではなく、ただ「ボー」っとしているだけという人。

 

思考が停止しているように見えますし、本当に停止しているかもしれません。

 

まわりから刺激を受けることも少ないですから、自分の生きがいを見つけることも簡単ではないでしょう。

 

(5)新しいことをやらない

「生きがいを見つけたい」と言っていても、行動が伴わない人もいます。

代表的なのが「いつも同じことをやっている」人ですね。

 

生きがいを見つけたいはずなのに、過去にやって見つけられなかったことや、今までと同じことばかりやっている人が多いものです。

 

新しいことを始めるのは、ストレスが伴いますから、脳の働きとしては「やりたくない」のはわかります。

でも、生きがいを見つけたいなら、今まで経験のないことを始める勇気は必要です。

 

でも、多くの人は「新しいことをやらない」のです。

 

4: 生きがいを見つける方法

生きがいを見つける方法

それでは、生きがいを見つける方法を紹介します。

人によって様々ですが、次の方法を試してみてください。

 

4.1: まずは再認識

「生きがい」とは「自分が楽しい」と思えることです。

言い換えれば「もうやめたら」と言われても「没頭してやりつづける」ようなこと。

 

ですから、心のブレーキを外して、自分が何時間でも楽しめることを思い出してみてください。

 

  • お金がない
  • 時間がない
  • 場所がない

 

こんなことは、すべて取っ払ってくださいね。

 

そうすると、小さかった頃に夢中でやったことが出てくるかもしれません。

学生時代のバイトの経験が出てくるかもしれません。

 

どんどんと「楽しかったこと」「長続きしたこと」「怒られたけれど止めなかったこと」を紙に書き出してみてください。

 

あなたの「生きがい」につながるヒントが見えてきます。

 

4.2: 実行する

「生きがい」のヒントが見つかれば、実行してみてください。

小さなことからでOKです。

 

ヒントに関連する本を図書館で読んでみる。

読んでみて楽しいと感じられれば、一歩前進です。

 

ちょっと違うなと思ったら、別のヒントを試してみましょう。

ヒントに関連した体験会に参加するのも良いですね。

 

ポイントは「頭で考えていても結果はわからない」ということです。

小さな一歩で構いません。

少しでも実行することで、あなたの心と身体が感じ取り、生きがいかどうかを見極めることができます。

 

4.3: 誰といるかが大切

どうしても見つからない、という場合。

あなたが普段一緒にいる人を見てください。

 

あなたはその人たちから影響を受けています。

その人たちと一緒にいて本心から楽しいでしょうか。

目標にする人はいるでしょうか。

 

もし、本心から楽しくもなく、目標にする人もいないのなら、あなたは自分の人生のために、別の人たちと付き合うことが必要かもしれません。

 

人は「誰と一緒にいるか」で、思考や経験が変わってきます。

前向きな人、生きがいのある人、チャレンジする人と一緒にいると、自分もそういった思考パターンになりやすいもの。

 

どうしても「生きがい」が見つからないのなら、付き合う人を変えてみるのは、もっとも効果的な方法です。

 

5: まとめ

「生きがいを見つける」と言葉で言うのは簡単です。

でも、多くの人は見つけられないまま、同じことを繰り返しています。

 

確かに、平和に生活が出来ていれば、それでOKなのかもしれません。

しかし、せっかくの人生です。

自分が本心から楽しめる「生きがい」を見つけることは、同じ10年を生きることの意味が違ってきます。

 

「生きがい」を見つけたいけれど、どうしても見つからないという場合には、キャリアコンサルタントやアドバイザーに相談してみると、ひとり一人に合った方法で聞き出してくれることでしょう。

 

生きがいを見つけることは、あなたの人生を充実したものに変えてくれます。

ぜひ、あなたの理想の人生を歩むためにも「生きがい」を見つけてほしいと思います。

人生の生きがいを見つける方法。目標を持つことで理想の人生を描くコツ

“最良の転職のための本当に大切な準備”
無料セミナーのご案内

転職を成功させた人の共通点をご存知ですか?
ポイントは”転職にあたって何をするか”。
事前にどれだけ準備ができるかで、あなたの今後が大きく左右されるのです。
「売り手市場」という言葉を鵜呑みにしてはいけません。
この無料セミナーでは、転職市場の動向に隠された真実から企業が望む人物像、転職後に活躍するためのコツなど、あなたに不足している「転職情報」を補うことができます。

事務局:TEL.03-6403-5641
受付時間:9:00〜18:00 年中無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です