【転職活動】元人事担当者が語る面接で採用を勝ち取る方法

【転職活動】元人事担当者が語る面接で採用を勝ち取る方法

履歴書と職務経歴書を応募先へ送る。

 

そして応募先から電話やメールで面接へ進んだことを知らされ、喜んで向かったけれど、、、

いつも面接で落とされる。

 

そんな思いをしている方も多いようです。

 

これには理由がありまして、

いつも面接で「うまくいかない」とおっしゃる方は、良かれと思ってやっていることが裏目に出ていることが多いんですね。

 

そこで今回は、元人事担当の私が採用を勝ち取る面接のポイントをご紹介します。

1: 面接の心得

面接の心得

「面接」と聞くと、どんなイメージがありますか?

  • 査定されている気分
  • 取り調べを受けている気分
  • がんばって自己アピールしないといけない場

 

人によってイメージは様々だと思います。

ここで覚えておいてほしいのは、面接とは、あなたと応募先は

 

『対等』

 

だということです。

 

お互いに上下関係があるわけではありません。

 

謙虚な態度や対応は、社会人として必要です。

でも、必要以上に自分を下にすることはありません。

 

このことを覚えておいていただいた上で、面接の心得を紹介します。

 

(1)面接者の頭の中を知っておく

面接者は、あなた以上に多くの面接を行っています。

 

それが仕事と言えばそうなのですが、面接者は今までに様々な人と見てきています。

 

ですから、面接者は知っています。

 

「面接だけ目の前の人はわからない」

 

ということを。

 

面接で調子の良いことばかり言っていた人が、仕事に入ると使えなかった。

面接では迷ったけれど、いざ仕事に入ると優秀だった。

 

こんな経験もしていますから「面接だけではわからない」ことを知っています。

 

この面接者の考えを覚えておいてください。

これを知っているだけで、面接で必要以上に緊張することが少なくなります。

 

(2)準備は万全に

面接に向かうときは、万全な準備で向かいましょう。

 

面接者は、あなたが送った履歴書や職務経歴書をしっかり読み込んでいます。

ですから、あなたももう一度しっかりと読み込んでおいてください。

 

面接では履歴書や職務経歴書を元に質問されます。

そのときあなたが準備不足で、一貫性のない答えを言ったとしたら、面接者は「ウソ」「誇張」と判断します。

 

応募先の情報を調べることや、もう一度自分が送った書類を見直す。

これは面接の心得として大切なことです。

 

(3)面接に必要なマインド

あなたに必要なのは「余裕」です。

「落ち着き」とも言えます。

 

余裕や落ち着きが持てると、

  • 言葉使い
  • マナー
  • 身だしなみ

などにも気を配れます。

 

では、余裕と落ち着きをどうやって持つのかというと、

 

『準備』

 

が全てです。

 

相手のことを知りましょう。

履歴書と職務経歴書を作るときに調べたことを、もう一度見直してみてください。

 

(4)面接が必要な理由

あなたにとって面接は「好きではない」ことかもしれません。

しかし、覚えておいてほしいことがあります。

 

それは、面接とはあなたにとって有益な機会なのです。

 

面接では、あなたは次のことを知ることができます。

  • 会社案内以外のことを知ることができる
  • 職務内容が詳しくわかる
  • 求人条件が詳しくわかる
  • 社風がわかる

 

特に「社風がわかる」というのが有益です。

 

2: 面接の基本を知っておこう

面接の基本を知っておこう

面接には基本の部分があります。

しかし、多くの失敗する人は、基本を知らない人が多いのです。

 

(1)減点法

面接は減点法だと思いましょう。

 

面接へ進んだときが、100点です。

そこからのやりとりで減点されていきます。

 

面接日を決めるやりとり。

決まったときのお礼の言葉。

当日の訪問の仕方。

 

面接者と直接会う前から減点が始まっています。

 

(2)身だしなみ

「人は見た目が9割」という本が売れました。

 

「人は心だ」という意見がありますが、やはり第一印象は大きなインパクトを与えます。

 

第一印象を変えることは、相当な努力を要します。

特に面接だと、印象を変える時間もありません。

 

だから最初から、印象を良くする「身だしなみ」を意識してください。

 

身だしなみが良くない応募者の場合、無理して採用する理由はありません。

また、身だしなみがいい加減だと、仕事もいい加減な印象を持つことが多いです。

 

トークでも経験でもない、身だしなみは「テクニック」で解決できます。

もっとも簡単に採用へ進める方法のひとつです。

 

イージーオーダーなどでサイズ感の合った転職活動用のスーツを持っておくと安心です。

 

(3)お辞儀と座り方

お辞儀と座り方は、難しいです。

 

しかし、ここが出来ていると社会人として高い評価を受けます。

 

コミュニケーションの基本である「挨拶」がきちんと出来ることは、会社という集団でも安心できる人材だと思われるでしょう。

 

お辞儀には3種類あることをご存じでしょうか?

  • 会釈:上体を15度傾ける
  • 敬礼:上体を30度傾ける
  • 最敬礼:上体を45度傾ける

 

面接のときに使うお辞儀は「敬礼」です。

敬礼のポイントは、目線をしっかりと落とすことです。

 

お辞儀するとき、相手を見たままの人がいますがやめましょう。

きちんとしたお辞儀は自分のつま先から、1.5~2m先に目線を置いておくのがポイントです。

 

次に座り方です。

ポイントはイスの下手(左側)に立ち、「お掛けください」と言われた後、ゆっくりと座ることです。

 

背もたれにはもたれず、浅めに座りましょう。

男性に多いですが、足を組んだり広げたりしないように。

 

緊張して小さくなりすぎないことも大切です。

 

(4)目線に注意

目は感情を伝えます。

 

興味のあることなら目はキラキラと輝きます。

反対に面倒なことには曇ります。

 

だからといって、面接で目線を下げたままというのは印象が良くありません。

 

というと、緊張のあまり「睨んでしまう」方もいらっしゃいます。

 

ポイントは

  • 相手の鼻やネクタイの結び目に目線を向ける
  • 話す相手の方へ目線を向ける
  • 笑顔で応える

 

普段から目の表情を鏡で見て観察しておくと安心です。

 

(5)どんな態度が好ましいのか

「自己アピールするから、ガンガンいくぜ!」

 

これをポジティブな態度として喜んでくれる会社もあるでしょう。

 

しかし、多くの場合、面接の好印象の態度というと

  • 落ち着いている(自信がありそう)
  • まじめ(真剣、関心が高そう)
  • やる気(情熱がありそう)

 

このような態度です。

特に「落ち着いている」というのが必要ですね。

 

聞かれもしないことを一方的に話す。

面接者が答えに困る質問をする。

 

「できる自分」をアピールしているつもりかもしれませんが、逆効果になることがほとんどです。

まずは「落ち着いた態度」を意識してください。

 

3: 面接者が見ているところ

面接者が見ているところ

面接者が必ず見ているところがあります。

 

これは個人特有の能力や専門知識ではありません。

 

どんなところかと言いますと、

  • 積極性や意欲
  • 素直さや謙虚さ
  • 姿勢
  • 論理的な話ができるか
  • 的を射た反応ができるか
  • 業界や会社を事前に調べているか(準備しているか。)

 

非常に基本的なところですね。

 

特に「姿勢」には注意しておきましょう。

積極性や意欲、話し方や事前準備はある程度対策できます。

 

面接者も対策してきていることを知っています。

 

しかし「姿勢」は、昨日今日では変えられません。

言ってしまうと「演技しにくい」部分です。

 

今まで、仕事に対してどんな姿勢で取り組んできたのか。

対策して語っても、経歴書や前後の話、突然の質問で一貫性が崩れることが多いです。

 

今までの積み重ねが姿勢ですから、無理して作りすぎないことが重要です。

 

4: 面接で注意する6つのポイント

面接で注意する6つのポイント

面接での心得や基本、面接者が見ているポイントをお話してきました。

 

続いてここでは、面接で注意するポイントをお話します。

 

(1)全体の流れを把握しよう

まず面接の流れを把握してください。

前もって、ある程度の流れがわかっていると「余裕」が生まれます。

  1. ノックをして入室
  2. あいさつとお辞儀
  3. イスに座る
  4. 自己紹介
  5. 自己PR
  6. 志望動機
  7. 職務経歴
  8. あいさつ
  9. イスから立つ
  10. あいさつとお辞儀
  11. 退室

 

ほとんどの場合、こういう流れになっています。

 

余裕を生み出すため、自分の部屋でロールプレイをしてみてください。

 

イメージトレーニングは効果があります。

そして、余裕を生み出します。

 

(2)面接で気をつけること

ひとつは、先ほども出てきましたが緊張のあまり面接者を

 

『睨まない』

 

ようにしてください。

 

もうひとつは、無理に質問しないことです。

質問したいことがある場合には、前もって質問をまとめておきましょう。

 

面接のときに、

 

「え~と、勤務についてなんですけどぉ~」

 

というように、考えながら質問するのはNGです。

 

そして絶対に控えたい質問は「休みと給与」についてです。

 

(3)自己紹介

自己紹介とは、

  • 氏名
  • 出身(学校や前職、または在職)
  • 専門分野
  • 趣味
  • 特技

 

履歴書と職務経歴書を読み返して、しっかりと頭の中へ入れておきましょう。

 

ここが違ったら、面接者は内心「後は流しておこうか」と思います。

 

(4)自己PR

ここでも履歴書と職務経歴書に書いたことを、しっかり覚えておきましょう。

 

一貫性のないことをアピールしたり、武勇伝を話すところではありませんので注意してください。

 

ポイントは職務経歴書に書いた内容で、書き足りなかったことを補足するイメージですね。

 

(5)志望動機

必ず聞かれます。

借り物の言葉や、誰もが言うような志望動機は避けたいですね。

 

根拠のある志望動機が望ましいです。

 

あまりにも夢物語では、志望動機にはなり得ません。

 

根拠が応募先の会社の理念と一致していることが大切です。

 

(6)退職理由

在職中の転職活動でも、退職後の転職活動でも聞かれます。

 

面接者は知っています。

いい加減な理由の人は、採用してもすぐに辞めていくことを。

 

人間関係が問題だったら、自分のところでも良い関係が築けないかもしれない。

不平不満が多ければ、採用しても責任を持って働かないかもしれない。

 

そんなイメージを持つものです。

だって、リスクを取って採用する理由はありませんから。

 

注意しておくポイントは

  • 表情と声のトーンが重要
  • 前向きな話にする
  • 批判的な言葉を使わない

 

自己PRよりも簡単ではないのが「退職理由」かもしれません。

 

5: まとめ

採用を勝ち取る面接の方法をお話しました。

 

面接は緊張しますが、前準備と練習で60%以上は解消できます。

 

自分でイメージトレーニングをしてもいいですし、ハローワークの就業訓練を使えばロールプレイで練習できるところもあります。

(ハローワークは地方自治体によって行っていないところもあります。)

 

また、自己PRをはじめ、履歴書や職務経歴書の作成、自己分析などを効率的に行うなら、転職のプロであるキャリアアドバイザーを活用するのもおすすめです。

 

その場合でも、人事や面接者の経験を持っている人を選ぶことが重要です。

 

実際の経験は理論に勝ります。

 

ぜひ上手に活用して、採用を勝ち取ってください。

【転職活動】元人事担当者が語る面接で採用を勝ち取る方法

“最良の転職のための本当に大切な準備”
無料セミナーのご案内

転職を成功させた人の共通点をご存知ですか?
ポイントは”転職にあたって何をするか”。
事前にどれだけ準備ができるかで、あなたの今後が大きく左右されるのです。
「売り手市場」という言葉を鵜呑みにしてはいけません。
この無料セミナーでは、転職市場の動向に隠された真実から企業が望む人物像、転職後に活躍するためのコツなど、あなたに不足している「転職情報」を補うことができます。

事務局:TEL.03-6403-5641
受付時間:9:00〜18:00 年中無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です